メインコンテンツへ

笛吹市

「桃・ぶどう日本一と温泉の郷」笛吹市

外観・文字の大きさを変更
外観を白黒にする
文字を縮小size3文字を拡大

メインメニュー

印刷用画面

Contents

施設詳細

青楓美術館
 笛吹市青楓美術館
(ふえふきしせいふうびじゅつかん)

津田青楓(1880~1978年)は、京都府出身の画家、書家、随筆家、歌人で良寛の研究家としても知られています。笛吹市青楓美術館は、青楓と親交のあった小池唯則氏によって昭和49(1974)年に開館しました。昭和59(1984)年に当時の一宮町に寄贈され、現在に至っています。二科会創立に尽力した青楓の自由な南画風の作品や、思うがままの筆致の書など500点以上が所蔵され、そのうち約60点が展示されています。年に2回、春と秋に展示替えを行って、青楓の世界を多方面から紹介しています。

住所表示笛吹市一宮町北野呂3-3
電話0553-47-2122
開館時間開館  午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日、祝日の翌日休み、年末年始
休館日月曜日・祝日の翌日(土日を除く)・年末年始
備考■入館料
・一般 (個人)300円 (団体)200円
・高校・大学生 (個人)200円 (団体)150円
・小・中学生 (個人)100円 (団体)80円
※団体は20人以上

■交通アクセス
<電車の場合>
・JR中央線山梨市駅から車で約12分
・JR中央線石和温泉駅から車で約20分
<車の場合>
・中央自動車道勝沼インターチェンジから約10分

<青楓美術館で開催中のイベント>
青楓美術館で「しあわせ絵手紙展」を開催
青楓美術館 青楓名品展と新収蔵作品展
青楓美術館「ぶどう畑のアートギャラリー」の展示が新しくなりました!
青楓美術館では、今年も絵手紙作品を募集します!
地図