メインコンテンツへ

笛吹市

「桃・ぶどう日本一と温泉の郷」笛吹市

外観・文字の大きさを変更
外観を白黒にする
文字を縮小size3文字を拡大

メインメニュー

印刷用画面

Contents

手続き一覧

保険・年金保険・年金

国民健康保険

国民健康保険(国保)とは

病気やケガをしたときに、安心してお医者さんにかかることができるように、みんなで助け合う大切な制度です。
日本では、すべての人が医療保険に加入することになっています(国民皆保険制度)。したがって、職場の健康保険に入っている人と生活保護を受けている人以外は国保に入ることになります。
国保は、世帯ごとに加入し、大人や子供の区別なく一人ひとりが被保険者となり、世帯主がその届け出や保険税の納付を行います。世帯主が他の保険に加入していても、世帯で国保加入者がいる場合は、世帯主名義で通知や納付書が送付されることになります。

【国保で受けられる医療】
・診察 ・医療処置、手術などの治療 ・薬や治療材料の支給 
・在宅療養および看護 ・入院および看護(食事代は別途負担)
【国保で受けられない医療】
・美容整形、健康診断、予防接種 ・正常分娩、経済上の理由による人工中絶
・仕事上のけがや病気等、労災保険の対象になる場合
・けんかや泥酔などによるけがや病気
【医療費の患者負担割合】
・義務教育就学前 →2割負担 
・義務教育就学後~69歳 →3割負担
・70歳以上 →2割(平成26年4月1日までに70歳になられた方は1割)もしくは3割負担

シリーズ 「笛吹市国民健康保険通信」
医療費節減にご協力を!!
ジェネリック医薬品を利用してみませんか

問い合わせ先

市民環境部 国民健康保険課
〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館
TEL:055-262-4111(代)
TEL:055-261-2043(直)
FAX:055-262-7646

加入・脱退等

国民健康保険への加入・脱退・変更等の手続きは、本人からの届け出が必要となります。
加入の届け出が遅れると、加入資格が発生した時点(届出日ではない)までさかのぼって保険税を納めなければならなくなります。
また、国民健康保険からの脱退手続きが遅れると、新たに加入した職場の健康保険などと国民健康保険の両方に保険税を二重で納めてしまうことがあります。
そのため、次のようなことがありましたら、必ず14日以内に届け出をしてください。
※平日に手続きをすることが難しい方は、国民健康保険課の日曜窓口をご利用ください。
※転入・転出や住所変更・出生・死亡の場合にも、届け出が必要です。受付は平日のみ行っています。
  こんなときは 届け出に必要なもの









他の市区町村から転入したとき 本人確認ができるもの、印かん
職場の健康保険をやめたとき 職場の健保をやめたことがわかる
証明書(退職証明等)、印かん
職場の健康保険の被扶養者から
はずれたとき
被扶養者からはずれたことがわかる
証明書、印かん
子どもが生まれたとき 保険証、母子健康手帳、印かん
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書、印かん
外国籍の人が国保に入るとき 在留カード、印かん




退




他の市区町村に転出するとき 保険証、印かん
職場の健康保険にはいったとき 国保と職場の健康保険の
両方の保険証(職場の保険証が
未交付の場合は、加入したことを
証明するもの)、印かん
職場の健康保険の被扶養者に
なったとき
国保の被保険者が死亡したとき 保険証、印かん
生活保護を受けたとき 保険証、保護開始決定通知書、
印かん
外国籍の人が国保をやめるとき 保険証、印かん



転居・氏名変更・世帯主変更・
世帯合併・世帯分離をしたとき
保険証、印かん
修学のため、他の市区町村に
住所を定めるとき
保険証、在学証明書、印かん
(毎年度手続きが必要です)
修学のため、他の市区町村に
住所を定めていた者が卒業したとき
保険証、卒業証書、印かん
保険証をなくしたとき(あるいは
汚れて使えなくなったとき)
身分証明書(免許証等)、
保険証(汚損の場合)、印かん

問い合わせ先

市民環境部 国民健康保険課
〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館
TEL:055-262-4111(代)
TEL:055-261-2043(直)
FAX:055-262-7646

高齢受給者証

国民健康保険では、70歳から75歳になるまでの間、高齢受給者証が交付されます。受給者証は、医療機関の窓口で保険証と一緒に提示することにより、医療費分の窓口負担が受給者証に表示してある負担割合になったり、入院した時の医療費が定められた上限額以上かからないようになります。
この制度は、所得の状況によって4つの区分に分かれます。区分ごとに負担割合と毎月の医療費の限度額が決まっています。区分は毎年、新しい所得をもとに判定しますので変更になる場合があります。限度額を超えた医療費は、申請をすることにより高額療養費として支給されます。

※所得区分の判定方法・限度額の一覧はこちら
自己負担限度額・入院時食事代標準負担額一覧(70歳以上)

■対象者・該当年月日
・笛吹市国民健康保険加入者で70歳以上の方
・70歳になった月の翌月1日から該当 (1日生まれの方は当月から)
   
※対象者には受給者証を郵送でお送りします。

■有効期限
・ 有効期限は受給者証に記載してあります。毎年8月1日に新しい申告状況をもとに所得判定を行い、新たに負担割合・対象区分を判定します。判定後の新しい受給者証は、世帯主宛に郵送します。 

問い合わせ先

市民環境部 国民健康保険課
〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館
TEL:055-262-4111(代)
TEL:055-261-2043(直)
FAX:055-262-7646

特定疾病受療証

厚生労働省指定の特定疾病で、長期にわたり高額な治療を行う必要がある方は、『特定疾病受療証』(申請により交付)を病院などの窓口で提示することにより、窓口負担が月額1万円もしくは2万円までとなります。

■対象になる疾病
・人工透析を必要とする慢性腎不全
・先天性血液凝固因子障害の一部
・血液製剤の投与に起因するHIV感染症
■申請方法
申請には医師の証明が必要となります。必要な書類は国民健康保険課の窓口にあります。
詳しくは国保担当へお問い合わせください。

問い合わせ先

市民環境部 国民健康保険課
〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館
TEL:055-262-4111(代)
TEL:055-261-2043(直)
FAX:055-262-7646

入院したときの食事代

入院したときの食事代は、定められた標準負担額を病院に支払います。標準負担額は所得に応じて軽減がありますが、軽減を受けるには『標準負担額減額認定証』が必要となります。

■軽減対象になる所得区分
 ●70歳未満 ・住民税非課税世帯(区分オの方)
 ●70歳以上 ・低所得Ⅰ、低所得Ⅱ
※入院時の食事代標準負担額についてはこちらで確認してください
自己負担限度額・入院時食事代標準負担額一覧(70歳未満)
自己負担限度額・入院時食事代標準負担額一覧(70歳以上)

■標準負担額減額認定証の申請について
 申請方法
 申請を希望する方は保険証と印かんを持参のうえ、国民健康保険の窓口(本庁・支所)で手続きをお願いします。
  
※注意事項
・認定証は申請した月から適用となります。
・食事代の減額対象者でも申請されてない方は一般の標準負担額が適用されます。
・認定証は医療機関の窓口に提示してください。 

問い合わせ先

市民環境部 国民健康保険課
〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館
TEL:055-262-4111(代)
TEL:055-261-2043(直)
FAX:055-262-7646

交通事故などにあったとき

交通事故など第三者の行為によってケガをした場合でも、届け出により国保で治療を受けることができます。
この場合、国保が医療費を一時的に立て替え、あとで加害者に請求することになります。
国保で治療を受けるときは、必ず「第三者行為による被害届」を提出してください。
ただし、次のようなときは保険証を使うことができません。
・治療費を受け取っているとき
・示談が成立しているとき
・業務上のケガのとき
・酒酔い運転、無免許運転などによるケガのとき

■届け出に必要なもの
・国民健康保険証
・印かん
・交通事故証明書

問い合わせ先

市民環境部 国民健康保険課
〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館
TEL:055-262-4111(代)
TEL:055-261-2043(直)
FAX:055-262-7646

短期国民健康保険証

平成29年度以前分に国民健康保険税(以下「国保税」)に未納がある世帯のうち、次の方には、6カ月間(平成30年4月1日〜9月30日有効)の国民健康保険証(以下「保険証」)を交付しています。
 ○平成12年4月2日以降に生まれた方

有効期間が半年の保険証を交付していますので、期限が切れるまでに同じ世帯の方が更新の手続きを行ってください。

■持ち物
保険証・印かん

※なお、納付相談がお済みでない方は、納付相談も行います。

国保税の納め忘れはありませんか。
納税は社会の基本的ルールです。必ず納期限内に納付をお願いします。
また、特別な事情で納付が困難な場合は、そのままにせず、早めにご相談ください。

問い合わせ先

市民環境部 国民健康保険課
〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館
TEL:055-262-4111(代)
TEL:055-261-2043(直)
FAX:055-262-7646

国民健康保険に加入されていた方がお亡くなりになった場合

 死亡届出後の諸手続きがありますので、次のものをご持参の上、市民窓口館 国民健康保険課の窓口までお越しください。

■資格喪失届および世帯変更届
 ○国民健康保険被保険者証
 ○国民健康保険高齢受給者証(交付されている人のみ)
 ○国民健康保険限度額適用認定証(交付されている人のみ)
 ○国民健康保険特定疾病療養受領証(交付されている人のみ)
 ○印かん

■葬祭費の支給申請
 ○国民健康保険被保険者証
 ○葬祭費請求者(喪主)の印かん
 ○葬祭費請求者(喪主)の通帳
 ○葬儀を執り行ったことを証明できるもの(会葬礼状など、告別式の日・故人の氏名・喪主の氏名が記載されたもの)

問い合わせ先

市民環境部 国民健康保険課
〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館
TEL:055-262-4111(代)
TEL:055-261-2043(直)
FAX:055-262-7646