ホーム > 子育て・教育 > 美術館・博物館 > 青楓美術館 > 『笛吹市津田青楓展』第一会場「小池唯則と津田青楓」

ページID:7709

更新日:2022年9月6日

ここから本文です。

『笛吹市津田青楓展』第一会場「小池唯則と津田青楓」

津田青楓は多才な芸術家として知られ、98歳の天寿を全うするまで、日本の美術界をリードしました。

一宮町出身の小池唯則は青楓と出会い、「山梨に文化を」という想いから、私財を投じて故郷一宮町に青楓美術館を開館しました。

青楓美術館創立のきっかけとなった、小池唯則と津田青楓の交流を、ゆかりの深い作品を通じて紹介します。

 

  • 『笛吹市津田青楓展』について

近年、練馬区立美術館で没後初の本格的な回顧展が開催されたことをきっかけに津田青楓への注目が高まっています。

青楓作品の魅力を多くの皆さんに知ってもらうため、『笛吹市津田青楓展』と題し、笛吹市青楓美術館ならびに笛吹市春日居郷土館で企画展を開催します。両会場あわせてお楽しみください。

  1. 第一会場「小池唯則と津田青楓」(青楓美術館):9月7日(水曜日)から
  2. 第二会場「津田青楓ー前進の時代ー」(笛吹市春日居郷土館):9月14日(水曜日)から

 

小池唯則と津田青楓

開催情報

開催場所

笛吹市青楓美術館

山梨県笛吹市一宮町北野呂3-3

0553-47-2122

開催期間

令和4年9月7日(水曜日)~令和5年4月16日(日曜日)

休館日

月曜日・祝日の翌日・年末年始

観覧料

区分

料金

一般、大学生

200円

小・中学生、高校生

100円

未就学児

無料

観覧料に関する特記事項

  • 観覧料は本企画展開催期間のみ適用します
  • フッキーパスを利用する児童と保護者1名は無料で入館できます。

お問合せ先

笛吹市青楓美術館

☎0553-47-2122

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

教育委員会文化財課文化財担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館

電話番号:055-261-3342 ファクス番号:055-261-3340

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?