ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護保険料について > 新型コロナウイルス感染症の影響下での収入減少に対する介護保険減免制度

ページID:6461

更新日:2020年5月22日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の影響下での収入減少に対する介護保険減免制度

新型コロナウイルス感染症の影響により収入の減少が見込まれる場合には、次の介護保険料の減免制度があります。

対象者

次のどちらかに該当する方

  • 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡、または1か月以上の治療を行った方
  • 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者の収入が昨年と比べて30%以上減少し、減少した事業以外の昨年度の所得が400万円以下の方

軽減額

  • 減免額計算式(A×B÷C×D)

A

令和2年度第1~6期と令和元年度第6期保険料額

B

減少が見込まれる事業の前年の所得額

C

前年の合計所得金額

D

  • 前年の合計所得金額が200万円以下・・・100%
  • 前年の合計所得金額が200万円を超える・・・80%(ただし、新型コロナウイルス感染症により主たる生計維持者が死亡、または1か月以上の治療を行った方は100%)

 

 

 

お問い合わせ先

保健福祉部長寿介護課長寿総務担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館

電話番号:055-261-1903 ファクス番号:055-262-1318

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?