ホーム > 防災・救急 > 消防・救急 > 消防の広域化について

ページID:295

更新日:2018年12月19日

ここから本文です。

消防の広域化について

最近、新聞紙上で「消防の広域化」が取り上げられています。
これは、消防を取り巻く環境が変化していることや人口減少時代への突入などにより、市町村消防の広域化が必要になってきているためです。
災害への備えとして、初動体制の強化を図ることを目的に、平成18年6月14日「広域化を推進するための消防組織法の改正」が公布されました。
さらに、広域化の積極的な推進を図るため、平成18年7月12日に「市町村の消防の広域化に関する基本指針」が示され、各都道府県で広域化の検討が開始されました。
山梨県においても、市町村代表、消防本部代表、防災関係NPO等で組織する「山梨県消防力強化検討委員会」において協議を重ねる中で、「消防広域化推進計画」の素案が作成され、過日、市町村長会並びに議長会に示されたところです。
この推進計画では、消防需要の質的・量的な増加傾向や県民人口の推移から、県内にある10の消防本部を1消防本部に統合することが望ましいと結論づけています。
むろん、広域化の条件は現状の消防力を衰退させることなく、広域化によって享受できるメリットを最大限に生かしながら、県内市町村で協議することを提案しています。
今後県内では、消防設置者である「市町村」や「消防本部」で広域化に向けた検討が活発化することが予想されます。
笛吹市並びに笛吹市消防本部でも、県内の動きと呼応して検討を進めていく予定ですが、広域化によって「市民の安全・安心」が損なわれることがあってはなりません。メリットやデメリットの両面から検証し、笛吹市としての消防理念を堅持しながら「消防の広域化」に対処していきたいと考えています。

笛吹市消防本部

関連ファイル

県内消防本部の現状(PDF:74KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

消防本部管理課 

〒406-0027 笛吹市石和町下平井204

電話番号:055-261-0119(代) ファクス番号:055-262-8535

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?