ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症対策情報 > 新型コロナに伴う個人・事業者向け支援策 > 特別定額給付金について(5月28日現在)

ページID:6363

更新日:2020年5月28日

ここから本文です。

特別定額給付金について(5月28日現在)

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として実施される特別定額給付金制度について、下記のとおりお知らせします。

  • 給付日(振込日)について

市へ返信いただいた申請書については、届いた順に審査・給付作業を進めており、5月22日までに到着した分については、概ね2週間以内に給付しております。

5月25日以降に到着した申請書については、概ね3週間以内の給付の見込みとなっております。

(申請内容や添付書類に不備がある場合は、市から連絡を差し上げます。)

振込通知書(給付完了後に送付)は、送付が遅れておりますが、給付作業を優先して行っておりますので、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

また、個別の申請に対する給付日の照会については、確認のために給付作業を止めることになることから、ご回答できかねますので、ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

申請受付期間

郵送申請方式

令和2年5月18日(月曜日)から8月17日(月曜日)(必着)まで

オンライン申請方式

令和2年5月7日(木曜日)から5月22日(金曜日)まで

給付対象および受給者

給付対象者

基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者

受給者

上記の者の属する世帯の世帯主

給付額

給付対象者一人につき、10万円

申請方法

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の「(1)郵送申請方式」および「(2)オンライン申請方式」を基本とします。
給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行います。

(1)郵送申請方式

市から世帯主宛てに郵送された申請書に本人名義の振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類を本人確認書類の写しとともに市へ郵送します。

重要事項(申請書に添付する本人確認書類及び振込先口座確認書類について)

申請書に添付する本人確認書類は、基本的に受給権者(世帯主)の本人確認書類のみとなっており、他の世帯員の本人確認書類は必要ありません(例外は、代理申請の場合)。
添付する本人確認書類は、(1)「運転免許証のコピー」(2)「マイナンバーカードのコピー」(3)「健康保険証のコピー」(4)「年金手帳のコピー」などのうち、「いずれか1つ」となります。
なお、振込先口座の確認書類の添付も必須となります。この場合も、基本的には受給権者(世帯主)の通帳のコピーが必要となります。
 

郵送申請方法(総務省特別定額給付金サイト)

https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/apply/(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

(2)オンライン申請方式

マイナポータル上の特別定額給付金の申請画面から、世帯主および世帯員の情報並びに本人名義の振込先口座情報を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請を行います。
(電子申請には、マイナンバーカードや公的個人認証に対応したカードリーダーもしくは対応したスマートフォンが必要です。)

なお、電子署名による本人確認を実施するため、本人確認書類は不要です。

ご注意

オンライン申請は、世帯主のみ行うことができます(代理申請はできません)。

マイナポータル(笛吹市)

https://app.oss.myna.go.jp/Application/procdetail/initGet?iZbk/cpHTk5Xl7oK1uwOp/0ZP2RzfjfpYhufBiY+KuVKoPUCBnCoE0ubKSTvcCNic9umDWRCf9tphC7lRuGlyl0Omniwm1JV8DZmENGiO0FQxjKXnTRRfK3qE0g05EndWXIB7keoMCxtLroLxuKOsA(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

オンライン申請方法(総務省特別定額給付金サイト)

https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/apply/online.html(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

申請書発送日(郵送申請方式)

令和2年5月15日(金曜日)から順次発送

申請受付期間

郵送申請方式

令和2年5月18日(月曜日)から8月17日(月曜日)(必着)まで

オンライン申請方式(終了しました。

令和2年5月7日(木曜日)から5月22日(金曜日)まで

(システム上の問題や誤入力等により申請内容に不備が多く、これらの照合作業に時間を要しており、給付に遅れが生じていることから、笛吹市では、令和2年5月22日(金曜日)をもちまして、オンライン申請の受付を終了いたしました。)

給付開始日

申請書が市に届き次第、書類を審査し、順次給付します(現在、3週間程度かかります)。

申請に関する相談先

企画課企画調整担当(特別定額給付金室)で電話による相談を受け付けています。

  • 電話番号:055-267-6678

給付金を装った詐欺にご注意ください

特別定額給付金に関して、

1.市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
2.市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。

ご自宅や職場などに市区町村や総務省などを装った電話がかかってきたり、郵便、メールが届きましたら、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

注意喚起のチラシ

それ、給付金を装った詐欺かもしれません!(PDF:423KB)(別ウィンドウで開きます)

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、総務省からの周知広報チラシ(PDF:482KB)(別ウィンドウで開きます)に記載の手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。

1.対象となられる方は、世帯主でなくても、同伴者の分を含めて、申請を行い給付金を受け取ることが出来ます。
2.手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

今お住まいの市区町村の特別定額給付金担当窓口へ「特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書(エクセル:44KB)(別ウィンドウで開きます)」(以下「申出書」という。)」をご提出ください。

  • 「申出書」は、配偶者からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。
  • 「申出書」は、お住まいの市区町村窓口の他、婦人相談所や総務省ホームページなどで入手できます。
  • 令和2年4月30日を過ぎても「申出書」を提出することはできます。ただし、その場合は申出者に給付金が支給されず、世帯主に給付される可能性があります。

申し出方法

「申出書」と「添付書類」を企画課企画調整担当へご提出ください。
特別定額給付金の受給には、「申出書」の提出と「特別定額給付金の申請」の両方を行っていただく必要があります。

申し出期間

令和2年4月24日(金曜日)から30日(木曜日)まで

関連情報

特別定額給付金特設サイト(総務省)

https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

特別定額給付金コールセンター(総務省)

  • 開設時間:午前9時から午後6時30分まで
  • 電話番号:0120-260020(フリーダイヤル)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

総合政策部企画課企画調整担当

〒406-8510 笛吹市石和町市部777 笛吹市役所 本館

電話番号:055-261-2032 ファクス番号:055-262-4115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?