メインコンテンツへ

笛吹市

「桃・ぶどう日本一と温泉の郷」笛吹市

外観・文字の大きさを変更
外観を白黒にする
文字を縮小size3文字を拡大

メインメニュー

印刷用画面

Contents

手続き一覧

子育て・児童福祉子育て・児童福祉

児童扶養手当

児童扶養手当

 父母の離婚などにより父または母と生計を同じくしていない児童のひとり親、父または母が身体などに重度の障がいの状態にある児童の母または父、あるいは母または父に代わってその児童を養育している方に支給されます。この手当は、ひとり親家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的としています。(外国人の方についても支給の対象となります)

《手当を受けられる方》
次のいずれかの状態にある児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者、または20歳未満で一定の障がいの状態にある者)を養育している方
1.父母が離婚した後、父または母と生計を同じくしていない児童
2.父または母が死亡した児童(遺族年金受給者は除く)
3.父または母が一定の障がいの状態にある児童
4.父または母の生死が明らかでない児童
5.父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
6.父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
7.父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
8.母が婚姻によらないで出産した児童
9.父母とも不明である児童

《支給制限》
次のいずれかに該当するとき、手当は支給されません。
1.父または母が事実上の婚姻関係(いわゆる内縁関係を含む)の状態にある場合(父または母が重度の障がいの状態にある場合を除く)
※親族以外の異性との同居は、原則、事実上の婚姻関係にあるとみなされます。
2.児童が受給者でない父または母と生計を同じくしている場合(父または母が重度の障がいの状態にある場合を除く)
3.児童が児童福祉施設や少年院等に入所している場合
4.児童が里親に委託されている場合
5.日本国内に住所を有していない場合
6.平成15年4月1日の時点で支給要件に該当し、5年を経過している場合(母または養育者の場合のみ)

《支給額》
1.手当月額 4万2,290円(全額支給)
      4万2,280~9,980円(一部支給)
※所得に応じて、支給額が変わります。
2.第2子加算額 5,000円~9,980円
3.第3子以降加算額 3,000円~5,980円
児童扶養手当所得制限限度額表

《支給時期》
 毎年4月・8月・12月の11日を基準日として、それぞれの前月分(4ヵ月分)までを支給します。

《請求手続き》
・請求者の印鑑
・戸籍謄本(請求者と対象児のもの)・・・離婚等事由、その年月日がわかるもの
・請求者名義の預金通帳
・年金手帳
・住宅賃貸借契約書
・その他 所得課税証明書・・・1月1日現在笛吹市に住所がなかった方
     本人の申立書・・・・民生委員の証明
※請求者の事情等により、上記以外にも必要書類が生じる場合があります。

《引き続き手当を受けるには》
手当を受けている方は、毎年8月に「現況届」を提出しなければなりません。この届は、毎年8月1日における状況を記載し、手当を引き続き受ける要件があるかどうかを確認するためのものです。

《次の場合には手続きを》
・他の市町村に住所が変わるとき
・市内で住所が変わったとき
・手当の受取金融機関を変更するとき
・父または母が婚姻したとき(内縁上の場合も含む)
・証書を紛失したとき
・公的年金を受給したとき
・受給者・児童が死亡したとき
・その他

【児童扶養手当と障害基礎年金の子の加算について取り扱いが変わりました】
 「国民年金法等の一部を改正する法律」の改正により、これまでは、障害基礎年金の受給権発生時に受給権者によって生計を維持している子がある場合に加算を行うこととされていましたが、これに加え、受給権発生後に子を持ち、その子との間で生計維持関係がある場合にも子の加算を行うこととなりました。
 児童扶養手当については、児童が父または母に支給される公的年金給付の加算対象のときは児童扶養手当を支給しないこととなっておりました。今回の法改正により、児童扶養手当の額が障害基礎年金の子の加算額を上回る場合には、児童扶養手当を受給できるようになります。

○児童扶養手当に関するお問い合わせは、保健福祉部子育て支援課子育て支援担当までお願いします。

問い合わせ先

保健福祉部 子育て支援課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1904(子育て支援担当)
TEL:055-261-3355(保育担当)
FAX:055-261-3330