ホーム > くらし・手続き > 行政区・市民活動・協働 > 笛吹こども議会 > 平成17年度笛吹こども議会

ページID:498

更新日:2018年12月19日

ここから本文です。

平成17年度笛吹こども議会

笛吹こども議会は、市民協働のまちづくりを進める、市民企画サポーター制度のひとつとして、笛吹市の将来を担う子供たちの視点からの豊かな発想や提案を市政に反映させる目的で開催しています。

笛吹市のシンボル、木・鳥・花が決まりました

平成17年度笛吹こども議会

「市の木は桃」 「市の鳥はオオルリ」 「市の花はバラ」

市のシンボルが広く市民に親しまれ、将来にわたって市民の心に定着するようにとの願いから、「笛吹こども議会」にシンボルの選考を要請しました。こども議会では、市民の情報と学識者の意見を参考にして市のシンボルを決定。その後、「市の木・鳥・花選考委員会」で審議され、市議会の承認を経て、平成17年10月12日の合併一周年記念式典で披露されました。

こども議会の様子

桃の花

市の木:桃

笛吹市は、年間24,000トンの桃が収穫される「日本一の桃の産地」です。市内には50万本もの桃の木が植えられていて、春になると一斉に開花します。その様子は、まるでピンクのジュウタンをしきつめたように美しいため、県内外から大勢の見物客が訪れます。活力ある交流都市を目指す笛吹市のシンボルです。

市の鳥:オオルリ

スズメ目ヒタキ科の小型の鳥で、オスは腹部が白く翼がルリ色、メスは体全体が茶褐色です。春先に東南アジアから日本に渡ってくる夏鳥で、笛吹市では渓流沿いの林の中で見ることができます。鮮やかなルリ色と透き通ったさえずりが、市のイメージに近いことから選ばれました。

オオルリ

バラ

市の花:バラ

鮮やかな姿と芳醇な香り、色や品種の多彩さから世界中で愛されている花です。市内のいたるところで見かけられるため、子どもからお年寄りまで、広く市民に親しまれています。笛吹市がバラのように華やかな発展を遂げられるようにとの思いが込められています。

笛吹こども議会委員(敬称略)

市の木選考委員会
吉原尚輝(一宮北小) 保坂有実(一宮北小) 古屋弘紀(一宮南小)
穴山加奈子(一宮南小) 深山和生(一宮西小) 上川若菜(一宮西小)
深山大生(一宮中) 菊島幸子(一宮中) 中村大介(春日居小)
芦澤卓矢(春日居小) 田中いづみ(春日居中) 中村朱里(春日居中)
市の鳥選考委員会
小越真太(石和西小) 高原正光(石和西小) 古屋貴士(富士見小)
名取大貴(富士見小) 武川美樹(石和中) 堀口咲喜(石和中)
目黒嵐士(八代小) 大塚健太(八代小) 石倉光博(浅川中)
鈴木加那恵(浅川中) 相沢魁(境川小) 角田綾奈(境川小)
市の花選考委員会
佐藤勇輔(御坂東小) 天野由佳(御坂東小) 渡邊浩貴(御坂中)
鈴木香苗(御坂中) 福島慎平(御坂西小) 志村俊幸(御坂西小)
米山崇仁(石和東小) 三枝茉里(石和東小) 山下紗希(石和北小)
土橋理恵子(石和北小) 梶原美緒(石和南小) 雨宮信太(石和南小)

「笛吹こども議会」は市民企画サポーター制度の一つとして、将来を担うこどもたちの意見を市の施策に反映するために設置。市内の小中学校18校の代表各2人の計36人で構成されています。

お問い合わせ先

教育委員会教育総務課総務担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館

電話番号:055-261-3336 ファクス番号:055-261-3343

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?