ホーム > 防災・救急 > 消防・救急 > 火災予防 > 文化財を火災から守るため訓練を行いました

ページID:272

更新日:2018年12月19日

ここから本文です。

文化財を火災から守るため訓練を行いました

わが国の文化財建造物はその多くが木造であり、美術工芸品についても木や紙あるいは布などの燃えやすいものがほとんどです。
平成28年2月16日、市消防本部では、このような文化財を守るため、笛吹市一宮町の甲斐国分寺の協力のもと、訓練を行いました。
火災の発見から通報、そして非常持ち出し品の搬出訓練などを同時に行うことで、文化財を災害から守るためには所有者や関係機関だけではなく、地域住民の皆さんとの連携・協力が必要と再認識しました。

H28年2月16日 国分寺訓練1(JPG:158KB) H28年2月16日 国分寺訓練2(JPG:164KB) H28年2月16日 国分寺訓練3(JPG:247KB) H28年2月16日 国分寺訓練4(JPG:236KB) H28年2月16日 国分寺訓練5(JPG:159KB)

 

お問い合わせ先

消防本部消防署 

〒406-0027 笛吹市石和町下平井204

電話番号:055-261-0119(代) ファクス番号:055-262-0988

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?