ホーム > 防災・救急 > 消防・救急 > 火災予防 > ガストーチによる使用の際は注意しましょう

ページID:6959

更新日:2021年3月31日

ここから本文です。

ガストーチによる使用の際は注意しましょう

ガストーチは、カセットボンベを接続して火炎を噴出させる器具です。

炙り料理やバーベキュー、DIYなどでガストーチを使う頻度が増えています。ガストーチ画像

また、このガストーチの使用方法の誤りによる火災事故が増加傾向にあります。

行楽シーズンを迎えます。ガストーチの使用には注意してください。

例えばこのような経験ありませんか?

 

 

〇古いカセットボンベを使用した

〇メーカーが違うカセットボンベを使用している

〇使っている途中ガスの臭いがした

〇ガストーチを使っていて周りのものに火が着いた

〇ガストーチをストーブの前に置いていた

など経験がある方は注意が必要です。ガストーチには使用方法が取扱説明書やパッケージに書かれています。

しっかり取扱い方法を見て使用しましょう。

ガストーチによる火災事例

1テント内でガストーチが爆発した事例

ガストーチをテント内のストーブの前に置いていたところ爆発した。

2炙り料理中に爆発し火災になった事例

ガストーチで炙り料理中に爆発し付近の可燃物に着火し火災となった。

原因は、カセットボンベとガストーチの締込み不足によるものか

カセットボンベOリングの劣化によるガス漏れか調査中。

ガストーチ使用の際のアドバイス

使用目的に合った製品を使用しましょう

ガストーチには「屋外用」「調理専用など使用目的が限定された製品があります。

使用目的にあった製品を使用するとともに、事前に取扱説明書を確認しましょう!

使用前に確認・点検をしましょう

取扱説明書には「警告」「注意」と表示されている箇所があります。

内容を確認してから使用しましょう。

カセットボンベの接続前にOリングの状態を確認し、点火前に臭気の有無も確認してください。

カセットボンベを取り付けてから、継続して臭気を感じたときには接続状況を確認し

場合によっては使用を取りやめましょう。

カセットボンベは、取扱説明書に書かれた指定のカセットボンベを使用しましょう。

正しく保管・古いカセットボンベは使用しない

ガストーチとカセットボンベを接続したまま保管すると、誤作動やガス漏れの危険があります。

取り外せるガストーチであればカセットボンベを取り外し保管しましょう。

古いカセットボンベは、「Oリング(オーリング)」というパッキンがひび割れなど劣化している

可能性があります。ガスが漏れ引火する恐れがありますのでいつ買ったのかわからないカセットボンベ

など古いものは使用しないようにしましょう。

やけどに注意しましょう

ガストーチは非常に高温な炎が噴出されます。人と離れて使用してください。

関連リンク

東京くらしWEB(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

消防本部予防課 

〒406-0027 笛吹市石和町下平井204

電話番号:055-261-0119(代) ファクス番号:055-262-8535

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?