ホーム > くらし・手続き > 上下水道 > 浄化槽・し尿 > 浄化槽・し尿

ページID:6308

更新日:2021年10月29日

ここから本文です。

浄化槽・し尿

浄化槽をご使用の皆様へ

浄化槽(そう)は、し尿や台所、風呂、洗面所などからの生活雑排水を、微生物の働きを利用してきれいにする施設です。
日頃の管理が不十分だと、悪臭が発生したり、汚れた水の放流で川が汚染されたりしてしまいます。浄化槽の機能を十分活用できるよう、正しく管理しましょう。
下水道供用開始区域内で浄化槽をご利用されている方は、すみやかに下水道に接続をお願いします。
(浄化槽管理者(所有者)は、浄化槽法で、法定検査・保守点検・清掃が義務付けられています。)

保守点検(県知事の登録を受けた保守点検業者:年間3~4回)

浄化槽管理者(所有者)は、浄化槽法10条により、定期的に保守点検を行う義務があります(県知事の登録を受けた保守点検業者に委託して実施してください)。
詳しくはお問い合わせください。

汲み取り・清掃(市長村長の許可を受けた業者:年1回以上)

浄化槽の中に溜まった汚泥をそのまま放置すると、放流水とともに流れ出してしまい、その悪臭などにより地域環境に悪影響があるだけでなく、浄化槽の機能不良の原因にもなりますので、年1回以上の汲み取り・清掃をしてください。
清掃は、市長の許可を受けた業者に依頼してください。
許可業者は地区ごとに指定されていますので、詳しくはお問い合わせください。

(※なお、12月は依頼が集中しますので、あらかじめ清掃時期をずらすなどの、作業の分散化にご協力をお願いいたします。)

法定検査(7条検査:使い始めに行う・11条検査(定期検査):毎年1回)

浄化槽管理者(所有者)は、浄化槽の保守点検や清掃が適正に行われ、浄化槽の機能が発揮されているか確認するため、年1回の法定検査を受けなければなりません。
法定検査は、浄化槽を使用開始した後、3カ月を経過した日から5カ月の間に行う「7条検査」と年1回行う「11条検査」があります。

法定検査手数料

7条検査

  • 10人槽以下:8,500円
  • 11人〜50人槽:10,500円

11条検査

  • 10人槽以下:4,500円
  • 11人〜50人槽:6,500円

ご注意

浄化槽法の改正により、法定検査に関する県の指導監督が強化されました。県の命令に違反すると、30万円以下の過料が科せられることがあります。

問い合わせ先

法定検査実施機関

  • (社)山梨県浄化槽協会
    電話番号:055(232)2762

汲み取り・清掃・浄化槽設置届及び補助金

  • 市民環境部環境推進課
    電話番号:055(262)4111

浄化槽に関すること

  • 県大気水質保全課
    電話番号:055(223)1508
  • 県峡東林務環境事務所環境課
    電話番号:0553(20)2739

お問い合わせ先

市民環境部環境推進課環境担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館

電話番号:055-261-2044 ファクス番号:055-262-7646

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?