メインコンテンツへ

笛吹市

「桃・ぶどう日本一と温泉の郷」笛吹市

外観・文字の大きさを変更
外観を白黒にする
文字を縮小size3文字を拡大

メインメニュー

印刷用画面

Contents

手続き一覧

健康健康

健康情報

南米地域で「ジカ熱」が流行しています

 中南米を中心に、ジカ熱(ジカウイルス感染症)が多数報告されています。
 ジカ熱は、デング熱およびチクングニア熱と同様、蚊を介して感染します。
 軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛などが主な症状です。
 妊娠中のジカウイルス感染と胎児の小頭症の関連について現在調査中ですが、流行地域への妊婦および妊娠予定の方の渡航を控えることを推奨しています。
 流行地(中南米、アフリカ、アジア太平洋地域)において、蚊に刺されてから数日後に、上記のような症状が見られた場合は、医療機関を受診するとともに、空港の検疫所、帰国後であれば最寄りの保健所にご相談ください。
 流行地へ出かける際は、できるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊に刺されないよう注意してください。

⇒詳細はこちらへ
厚生労働省 検疫所 リーフレット(PDF:257KB)
厚生労働省HP「ジカ熱について」

問い合わせ先

保健福祉部 健康づくり課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-262-1271(代)
TEL:055-261-1901(直)
FAX:055-262-1272

ノロウイルスにおける感染性胃腸炎について

■ノロウイルスとは
○ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。
○ノロウイルスは手指や食品などを介して、経口で感染し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。健康な方は軽症で回復しますが、子どもやお年寄りなどでは重症化することもあります。
■症状
○主な症状ははき気、おう吐及び下痢、発熱が感染して12~48時間後にみられます。発症してから2~3日で回復しますが、幼児や高齢者などの抵抗力の弱い方は重症になることもあります。
■人から人への感染予防
○手洗い、うがいをしっかりする
○感染者の便や吐物からの感染に気をつける
○下痢、腹痛のある人は、お風呂は最後に入るかシャワーのみにする。
※詳しくはこちらをご覧ください。
■食べ物からの感染を予防するために
○食材由来のノロウイルスを失活(殺菌)する
○調理器具からの汚染を防止する
○調理従事者からの食品汚染を防止する
※詳しくはこちらをご覧ください。

問い合わせ先

保健福祉部 健康づくり課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-262-1271(代)
TEL:055-261-1901(直)
FAX:055-262-1272