メインコンテンツへ

笛吹市

「桃・ぶどう日本一と温泉の郷」笛吹市

外観・文字の大きさを変更
外観を白黒にする
文字を縮小size3文字を拡大

メインメニュー

印刷用画面

Contents

手続き一覧

福祉福祉

介護保険

介護保険のしくみ

介護保険制度は、寝たきりや認知症などで介護が必要となった高齢者を、家族だけでなく社会全体で支えていくことを目的とした制度です。40歳以上の人で、要介護認定を受け、介護サービスを利用した場合(40歳から64歳までは特定疾病に該当する人)、受けた介護サービス費用が保険から給付されます。その際、1割、2割または3割(平成30年8月から)の自己負担があります。

問い合わせ先

保健福祉部 長寿介護課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1903(長寿総務担当・給付適正担当)
TEL:055-261-5067(認定審査担当)
FAX:055-262-1318
e-mail:kaigo01@city.fuefuki.lg.jp

介護保険の対象者

65歳以上の人
入浴、食事、排泄などの日常の生活動作について介護を必要とする人。または、常に介護を必要とはしないが、家事や身支度などの日常生活について支援を必要とする人。(介護や支援が必要になった原因は問いません。)

40歳~65歳未満の人
初老期の認知症や脳卒中、老化にともなう病気、がん末期など(※16種類の特定疾病)により介護や支援が必要な状態となった人。

※16種類の特定疾病とは?
○筋委縮性側索硬化症 ○後縦靱帯骨化症 ○骨折を伴う骨粗しょう症 ○多系統委縮症 ○初老期における認知症
○脊髄小脳変性症 ○脊柱管狭窄症 ○早老症 ○糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
○脳血管疾患 ○進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病 ○閉塞性動脈硬化症
○関節リウマチ ○慢性閉塞性肺疾患 ○両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症 ○末期がん

問い合わせ先

保健福祉部 長寿介護課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1903(長寿総務担当・給付適正担当)
TEL:055-261-5067(認定審査担当)
FAX:055-262-1318
e-mail:kaigo01@city.fuefuki.lg.jp

申請方法

● 申請は可能な限り、本人、家族が行ってください。(難しい場合にはご相談ください)
● 更新申請については、ケアマネジャーや介護保険施設等での代行も行えます。
● 新規申請は、保健福祉館内の長寿介護課で受け付けます。
● 窓口で要介護認定の申請を行うと、後日調査員が本人の心身の状態について訪問調査に伺います。その結果を判定(一次判定)し、同時に主治医に意見書を作成してもらいます(市依頼)。
● それぞれの書類は、介護認定審査会で審査判定(二次判定)され、「要介護度」(介護が必要な度合)や保険で認められている月々の利用額などが決まり、本人に通知されます。

問い合わせ先

保健福祉部 長寿介護課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1903(長寿総務担当・給付適正担当)
TEL:055-261-5067(認定審査担当)
FAX:055-262-1318
e-mail:kaigo01@city.fuefuki.lg.jp

被保険者と保険料の納めかた

40歳以上の人は原則として全員が介護保険に加入して、保険料を負担することになります。

65歳以上の人(第1号被保険者)
(1)年金受給額が年額18万円以上の人の保険料は、年金から天引きされます。(特別徴収)
(2)年金受給額が年額18万円未満の人や老齢福祉年金のみの受給者、新たに65歳になられた人、他の市町村から転入された人の保険料は、口座振替、納付書などで納めます。(普通徴収)

40歳から65歳未満の人(第2号被保険者)
(1)国民健康保険に加入している人の保険料は、国保税の算定方法と同様に世帯ごとに算定され、国保税と一括して世帯主が納めます。
(2)職場の医療保険に加入している人の保険料は、職場の医療保険ごとに設定される保険料率に応じて算定され、医療保険料と一括で給与から差し引かれます。

問い合わせ先

保健福祉部 長寿介護課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1903(長寿総務担当・給付適正担当)
TEL:055-261-5067(認定審査担当)
FAX:055-262-1318
e-mail:kaigo01@city.fuefuki.lg.jp

保険料の額

65歳以上の人(第1号被保険者)の保険料については、市町村ごとに異なります。
納期は、4・6・8・10・12・2月になります。口座振替日については、各納期の最終日になります。

*介護保険料の納付は、指定金融機関をご利用ください。本庁でも納付はできますが、口座振替をご利用いただくと便利です。
*支所は現年のみ納付可能です。

問い合わせ先

保健福祉部 長寿介護課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1903(長寿総務担当・給付適正担当)
TEL:055-261-5067(認定審査担当)
FAX:055-262-1318
e-mail:kaigo01@city.fuefuki.lg.jp

平成30年度第1号被保険者の介護保険料のお知らせ

【納付について】
保険料を納め始めるのは、65歳になった月(65歳の誕生日の前日がある月)の分からです。
【納め方】
年金の種類・受給額によって、納め方が法律で決められています。個人で選択はできません。
(1)特別徴収
老齢(退職)年金・障害年金・遺族年金を、年額18万円以上受給している方は、保険料が年金から天引きされます。
ただし、65歳になった場合やほかの市区町村から転入した場合、所得段階に変更などがあった場合は、一時的に普通徴収となります。
(2)普通徴収
特別徴収対象外の方は、金融機関などで納付書で納めていただきます。
なお、口座振替の方の保険料は、各納期限日に口座から引き落とされます。
【特別徴収では調整を行います】
特別徴収の方からは、正式な年間保険料額が確定するまで(4月・6月)は前年度の2月と同額を、また、4月・6月に特別徴収が開始された方からは、介護保険料 仮徴収額納入通知書の金額を仮徴収させていただいています。
そのため、正式な年間保険料額算定後の8月の特別徴収の際に、既に仮徴収されている金額によっては、増額・減額を行い、前半(4~8月)と後半(10~2月)の差が大きくならないように調整する場合があります。
調整が行われた方の10月以降の金額は、次のとおりほぼ均等になります。

例:保険料段階が第7段階(年額102,440円)で、4・6月に各10,000円を特別徴収されていた場合(※8月分を増額)
4月  10,000円
6月  10,000円
8月  25,200円※
10月 19,240円
12月 19,000円
2月  19,000円
年額 102,440円
※10月以降の1回あたりの金額が、年額の約6分の1になります。

あなたの介護保険料(年額)を確認してみましょう(PDF:128KB)

※年金から天引きになる「特別徴収」の方でも、次に該当する場合は一時的に「普通徴収」で納めていただくことがあります。
・65歳になった時(最初の半年からおおむね1年の間は、普通徴収となります)
・他市町村から転入したとき
・保険料が増額・減額になったとき
・年度途中で年金受給が始まったとき
・年金が一時差し止めになったとき
・受給している年金の種類が変わったとき
・年金を担保に借り入れをしているとき
・年金に関する手続きをしたとき
【口座振替】
普通徴収の方は、納め忘れのない便利な口座振替をご利用ください。
口座振替をご希望の方は、預貯金口座のある金融機関でお申し込みください。
○持ち物 通帳・届出印・納付書
市外の金融機関には申込用紙がありませんので、事前に長寿介護課へご連絡ください。
 

問い合わせ先

保健福祉部 長寿介護課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1903(長寿総務担当・給付適正担当)
TEL:055-261-5067(認定審査担当)
FAX:055-262-1318
e-mail:kaigo01@city.fuefuki.lg.jp

保険料を滞納すると

 災害など特別な場合を除き、滞納期間に応じて、介護サービスを利用する際に次のような給付制限を受けることになります。
1.費用の全額を一旦自己負担し、申請により後から保険給付分(費用の9割、8割または7割)が支払われます。
2.費用の全額を自己負担していただきます。申請後も、保険給付の一部または全額の一時差し止めや、支払われる保険給付が滞納している保険料に充てられます。
3.自己負担額が引き上げられたり(通常1割または2割を3割に、通常3割の方は4割に)、高額介護サービス費等が受けられなくなったりします。

問い合わせ先

保健福祉部 長寿介護課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1903(長寿総務担当・給付適正担当)
TEL:055-261-5067(認定審査担当)
FAX:055-262-1318
e-mail:kaigo01@city.fuefuki.lg.jp

介護保険料減免制度

 65歳以上の方(第1号被保険者)で、介護保険料の納付が困難な方には、次のような減免制度があります。
【対象】
次の全てに該当する方
○住民税世帯非課税である方
○前年度収入金額の合計が120万円以下の方(世帯員2人の場合を基準として、3人以上の場合は世帯員1人につき35万円を加算した額)
○住民税課税者に扶養されていない方(税法上の扶養親族、健康保険などの被扶養者、給与計算上の扶養親族ではない人)
○世帯全員の預貯金などの合計が350万円以下の方
○世帯全員が居住用資産以外に処分できる資産を持っていない方
【軽減割合】
○第1段階の保険料
12分の10に減額
○第2・3段階の保険料
2分の1に減額
※保険料第1段階の方のうち、生活保護受給者は除きます。
※なお、災害など、やむを得ず保険料を納めることが難しくなった場合にも、減免を受けられることがあります。

問い合わせ先

保健福祉部 長寿介護課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1903(長寿総務担当・給付適正担当)
TEL:055-261-5067(認定審査担当)
FAX:055-262-1318
e-mail:kaigo01@city.fuefuki.lg.jp

負担限度額認定証の交付

 介護保険の負担限度額認定証を受け取るには、申請が必要です。
※負担限度額認定証とは・・・
 施設サービス(ショートステイを含む)利用時に、施設の窓口で提示すると、窓口での食費と居住費(滞在費)の支払いが負担限度額までになる認定証のことです。
 ただし、通所系サービス(デイサービスなど)の食費は対象外ですのでご注意ください。
▼対象
すべての世帯員が非課税で、介護保険料の未納がなく、次のいずれにも該当しない方
・配偶者が市民税課税者
・預貯金など単身で1千万円、夫婦で2千万円を超える方(配偶者と住所が異なる場合も同様。内縁も含む)
▼利用者負担段階
○第1段階
・住民税が世帯非課税で、老齢福祉年金を受けている方
・生活保護を受けている方
○第2段階
・住民税が世帯非課税で、合計所得金額と課税年金収入額と遺族年金・障害年金(平成28年8月から)の合計が年間80万円以下の方
○第3段階
・住民税が世帯非課税で、利用者負担第2段階に該当しない方
▼負担限度額
居住費と食費には、利用者負担段階に応じた負担限度額が設けられます。
下の表をご覧ください。
▼申請方法
長寿介護課(保健福祉館)または各支所で申請してください。詳しくはこちらをご覧ください。
▼有効期限
8月1日が認定証の年度更新日です。 
すでに認定証をお持ちの方への更新のお知らせは、6月上旬以降に通知する予定です。
認定証の有効期限は、申請月の初日から次の7月31日までです。 
利用負担額
利用者
負担段階
1日当たりの居住費 1日当たり
の食費
ユニット型
個室
ユニット型
準個室
従来型
個室
(特養)
従来型
個室
(老健・療養)
多床室
(相部屋)
第1段階 820円 490円 320円 490円 0円 300円
第2段階 820円 490円 420円 490円 370円 390円
第3段階 1,310円 1,310円 820円 1,310円 370円 650円

問い合わせ先

保健福祉部 長寿介護課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1903(長寿総務担当・給付適正担当)
TEL:055-261-5067(認定審査担当)
FAX:055-262-1318
e-mail:kaigo01@city.fuefuki.lg.jp

居宅介護支援(ケアプラン作成など)

介護を必要とする高齢者などが介護サービスを適切に利用できるように、利用者の依頼を受けて心身の状況、環境、本人や家族の希望をもとに、利用するサービスの種類と内容、担当者などを定めた計画(ケアプラン)を作成します。さらに、サービスを提供している事業者と連絡してサービスを確保し、その後も利用者の状態の変化などに応じて適切なサービスが提供されるようにします。居宅サービス計画の作成を居宅介護支援事業者に依頼した場合、作成にかかる費用は全額介護保険から支給されます。(自己負担はありません。)
要支援1、2の介護予防支援計画は、地域包括支援センターが作成します。

問い合わせ先

保健福祉部 長寿介護課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1903(長寿総務担当・給付適正担当)
TEL:055-261-5067(認定審査担当)
FAX:055-262-1318
e-mail:kaigo01@city.fuefuki.lg.jp

介護保険被保険者の方がお亡くなりになった場合

 死亡届出後の諸手続きがありますので、次のものをご持参の上、 保健福祉館 長寿介護課までお越しください。

○介護保険被保険者証(65歳以上の方、または40歳以上で要介護認定をお持ちの方)
○介護保険負担割合証(要介護認定をお持ちの方)
○各種減額認定証等(認定されていた方のみ)
○印鑑(相続人代表者と届出人) ※通帳印でなくてもよい
○相続人代表者の口座情報がわかるもの(通帳など)
 

問い合わせ先

保健福祉部 長寿介護課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1903(長寿総務担当・給付適正担当)
TEL:055-261-5067(認定審査担当)
FAX:055-262-1318
e-mail:kaigo01@city.fuefuki.lg.jp