ホーム > 防災・救急 > 防災 > 予防・啓発 > 非常持ち出し品は準備してありますか

ページID:227

更新日:2018年12月19日

ここから本文です。

非常持ち出し品は準備してありますか

非常持ち出し品

非常用品を備えましょう

定期的に保存状態や使用期限の点検

災害に備える非常用品は、緊急避難の時に持って逃げる「非常持出品」と災害後の生活を支える「非常備蓄品」に分けて備えましょう。

  • 非常持出品
    飲料水、非常用食品(レトルト米、缶詰等)、ラジオ、懐中電灯、予備電池、マッチ、ライター、救急セット、衣類(衣類の他ティッシュ、タオル、軍手等)、常備薬などを用意して、玄関や寝室など持ち出しやすいところに置いておきましょう。
  • 非常備蓄品
    水や食料など、最低3日分は用意しておきましょう。年に1回、定期的な入れかえや補充も大切です。
    水は1人当たり1日3リットルが目安です。食料は、調理の手間がなく、保存が利くものを備えておきましょう。

※赤ちゃんがいる場合

  • 粉ミルク
  • ほ乳瓶
  • 防寒着
  • 紙おむつ

※高齢者がいる場合

  • 看護用品
  • 常備薬
  • 防寒着

非常用備蓄品(PDF:260KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

総務部防災危機管理課消防防災担当

〒406-8510 笛吹市石和町市部777 笛吹市役所 本館

電話番号:055-262-4111(代) ファクス番号:055-262-4115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?