ホーム > 子育て・教育 > 子育て・保育 > 子育て支援 > 手当・助成 > 児童扶養手当

ページID:531

更新日:2020年4月10日

ここから本文です。

児童扶養手当

ひとり親家庭の児童(18歳到達後の最初の3月31日を迎えるまで、中度以上の障がいを有する場合は20歳未満)を養育している母又は父等に対して支給されます。ただし、所得制限があります。この手当は、ひとり親家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的としています。(外国人の方についても支給の対象となります)

手当を受けられる方

次のいずれかの状態にある児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者、または20歳未満で一定の障がいの状態にある者)を養育している方

  1. 父母が離婚した後、父または母と生計を同じくしていない児童
  2. 父または母が死亡した児童(遺族年金受給者は除く)
  3. 父または母が一定の障がいの状態にある児童
  4. 父または母の生死が明らかでない児童
  5. 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
  6. 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  7. 父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
  8. 母が婚姻によらないで出産した児童
  9. 父母とも不明である児童

支給制限

次のいずれかに該当するとき、手当は支給されません。

  1. 父または母が事実上の婚姻関係(いわゆる内縁関係を含む)の状態にある場合(父または母が重度の障がいの状態にある場合を除く)。そのため、親族以外の異性との同居は、原則、事実上の婚姻関係にあるとみなされます。
  2. 児童が受給者でない父または母と生計を同じくしている場合(父または母が重度の障がいの状態にある場合を除く)
  3. 児童が児童福祉施設や少年院等に入所している場合
  4. 児童が里親に委託されている場合
  5. 日本国内に住所を有していない場合

支給額

  手当月額 支給額 備考
1 全額支給 4万3,160円  
2 一部支給 4万3,150円~1万0,180円 所得に応じて、支給額が変わります
3 第2子加算額 1万0,190円~5,100円  
4 第3子以降加算額 6,110円~3,060円  

支給時期

1月、3月、5月、7月、9月、11月の年6回となります。

請求手続き

  • 請求者の印鑑(朱肉を使うもの)
  • 戸籍謄本(請求者と対象児のもの)・・・離婚等事由、その年月日がわかるもの
  • 請求者名義の預金通帳
  • 年金手帳
  • 個人番号カード(通知カード可)
  • 住宅賃貸借契約書
  • その他、請求者の事情等により、上記以外にも必要書類が生じる場合があります。

引き続き手当を受けるには

毎年8月に「現況届」の提出が必要です。この届は8月1日における状況を記載し、手当を引き続き受ける要件にあるか確認するためのものです。児童扶養手当を請求した方で、手当を受給されていない方も「現況届」の提出が必要となります。

次の場合には手続きを

  • 他の市町村に住所が変わるとき
  • 市内で住所が変わったとき
  • 手当の受取金融機関を変更するとき
  • 父または母が婚姻したとき(内縁上の場合も含む)
  • 証書を紛失したとき
  • 公的年金を受給したとき
  • 受給者・児童が死亡したとき
  • 所得の修正申告及び更正申告をしたとき
  • その他

お問い合わせ先

保健福祉部子育て支援課子育て支援担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館

電話番号:055-261-1904 ファクス番号:055-261-3330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?