ホーム > 市政情報 > ふるさと納税制度 > 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄付を募集します

ページID:1046

更新日:2018年12月19日

ここから本文です。

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄付を募集します

地方公共団体が行う一定の地方創生事業に対して、民間企業の皆様から積極的に寄附を行っていただけるよう、平成28年税制改正により、「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)」が創設されました。

笛吹市では、この制度を活用して企業の皆様からの寄附を募り、共感していただける事業を検討し、平成27年10月に策定した「笛吹市まち・ひと・しごと創生総合戦略(PDF:1,301KB)」に掲げる取組を積極的に推進したいと考えております。

制度概要

地方公共団体が民間資金も活用しながら、地方版総合戦略に基づく事業を積極的に実施していくため、国が認定した「地域再生計画」に記載された事業に対して企業が寄附を行った場合に、寄附額の3割に相当する額を税額控除する課税の優遇措置が創設されました。

税額控除の内容

  • 法人住民税+法人税で寄附額の2割を控除
  • 法人事業税で寄附額の1割を控除
    →従来の損金算入による軽減効果(約3割)と合わせて寄附額の約6割の負担軽減

対象となる寄附の要件

  • 寄附額の下限は10万円
  • 本社が所在する地方公共団体以外への寄附
  • 寄附の代償として経済的利益を伴わないものであること

※制度の詳しい内容については、内閣府地方創生推進事務局のホームページ(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

寄附を募集する事業

笛吹市では現在、寄附を募集する事業を検討中です。今後、当ホームページ等において、具体的な事業案等をお知らせする予定です。

また、本市では、「笛吹市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に位置付けた、以下の取組を推進しています。地方創生に向けた取組に御賛同いただき、寄附をご検討いただける企業の皆様からのご連絡をお待ちしています。

基本目標1:結婚・妊娠・出産・子育てまで継続的にサポートをする

主な取り組み

具体的施策
結婚から子育てまで切れ目ない支援と女性の活躍推進 若者・女性等の活躍推進
切れ目ない子育て支援を推進
働く女性の支援
出会いの場づくりを支援
出産世代の経済的支援
子育て世代の経済的支援
子どもを持つ世代のコミュニケーションを支援
子育て世代の社会進出を支援
未来を創造する教育の充実 生きる力を身につけた子どもの育成
未来を担う学生との連携を推進
基本目標2:地域の資源を活用し、地域産業を生み、新たな産業を創出し、雇用を創出

主な取り組み

具体的施策
外国人も楽しめる観光地を構築 分かりやすいまち案内を推進
多彩なツーリズム構築を推進
観光イベント開催を推進
インバウンド戦略を推進
ミズベリング構想による地域活性化を推進
好循環農業に向けた支援 新規就農者を支援
就農者を支援
農業生産法人設立と6次産業化を支援
地域産業の振興を支援 起業・創業を支援
新たな商品の開発を推進
ビジネスコンシェルジュの創設
商店の活性化を推進
事業所の活性化を推進
広域連携による経済の活性化 広域ツーリズム構想を推進
笛吹市版DMO形成を推進
基本目標3:誰もが暮らしやすいまちをつくる

主な取り組み

具体的施策
災害に強い地域づくりを推進 医療・介護の情報連携を推進
地域防災・防犯力の強化を促進
社会基盤の最適化を推進
公共交通網再編の推進
誰もが活躍できる地域の交流づくりを推進 高齢者の活動を支援
笛吹市版CCRC構想を推進
多世代交流を推進
地域活動を担う人材・団体の育成
市民の生涯学習を推進
基本目標4:笛吹市を知り、訪れ、住んでみたくなる流れをつくる

主な取り組み

具体的施策
移住定住の促進 移住・定住者を支援
魅力ある豊富な資源の発掘と発展
企業誘致活動の推進 サテライトオフィス等誘致を推進
企業立地を推進
農工団地の企業誘致を推進

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

総合政策部政策課政策推進担当

〒406-8510 笛吹市石和町市部777 笛吹市役所 本館

電話番号:055-267-8960 ファクス番号:055-262-4115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?