ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護保険料について > 介護保険料を滞納すると給付制限を受けることになります

ページID:6156

更新日:2021年10月25日

ここから本文です。

介護保険料を滞納すると給付制限を受けることになります

災害など特別な事情もなく介護保険料を納めないでいると、滞納期間に応じて、介護サービスを利用する際に次のような給付制限を受けることになります。
介護保険料は納め忘れのないよう納期限までに納めましょう。

納期限を過ぎると

納期限日から21日を過ぎると督促が行われ、介護保険料+督促手数料100円を徴収します。

1年以上滞納すると

利用したサービス費用はいったん全額自己負担となります。
申請によりあとから保険給付分(費用の9割、8割または7割)が支払われます。

1年6カ月以上滞納すると

引き続き、利用したサービス費用はいったん全額自己負担となり、申請しても保険給付分の一部または全額が一時的に差し止められます。
滞納が続く場合は、差し止められた額から介護保険料が差し引かれる場合があります。

2年以上滞納すると

滞納期間に応じて、利用したサービス費用の自己負担割合が通常1割または2割の方は3割に、通常3割の方は4割に引き上げられたり、高額介護サービス費等が受けられなくなったりします。

納付が難しい場合

介護保険料を納付できる期間は、介護保険法により納付期限から2年と定められています。
納付が難しい場合はまず担当窓口にご相談ください。

関連ファイル

介護保険居宅介護(介護予防)サービス費等支給申請書(PDF:100KB)

委任状(PDF:53KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

保健福祉部長寿介護課長寿総務担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館

電話番号:055-261-1903 ファクス番号:055-262-1318

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?