ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護保険料について > 介護保険料の額

ページID:6143

更新日:2021年4月21日

ここから本文です。

介護保険料の額

65歳以上の方の介護保険料は、笛吹市の介護サービス費がまかなえるよう算出された「基準額」をもとに決まります。

基準額の決まり方

笛吹市で必要な介護サービスの総費用×65歳以上の方の負担分(全体の23%)÷笛吹市に住む65歳以上の方の人数
=笛吹市の介護保険料の基準額(第5段階)

この基準額から、本人の所得状況や世帯課税状況に応じて、11段階に分かれます。

65歳以上の人(第1号被保険者)の保険料については、市町村ごとに異なります。

段階 対象となる方の基準 基準額に掛ける
保険料率
年額
第1段階 本人及び世帯全員が市民税非課税で、老齢福祉年金受給者または生活保護の受給者 (基準額×0.3)

21,600円

本人及び世帯全員が市民税非課税かつ「課税年金収入額+合計所得金額が80万円以下の者」
第2段階 本人及び世帯全員が市民税非課税かつ「課税年金収入額+合計所得金額が80万円超120万円以下の者」 (基準額×0.5) 36,000円
第3段階 本人及び世帯全員が市民税非課税かつ「課税年金収入額+合計所得金額が120万円超の者」 (基準額×0.7) 50,400円
第4段階 本人が市民税非課税かつ「課税年金収入額+合計所得金額が80万円以下で、同じ世帯に市民税課税者がいる者」 (基準額×0.90) 64,800円
第5段階 本人が市民税非課税かつ「課税年金収入額+合計所得金額が80万円超で、同じ世帯に市民税課税者がいる者」 (基準額)

72,000円

第6段階 本人が市民税課税で、本人の合計所得金額が120万円未満の者 (基準額×1.20) 86,400円
第7段階 本人が市民税課税で、本人の合計所得金額が120万円以上210万円未満の者 (基準額×1.30) 93,600円
第8段階 本人が市民税課税で、本人の合計所得金額が210万円以上320万円未満の者 (基準額×1.50) 108,000円
第9段階 本人が市民税課税で、本人の合計所得金額が320万円以上400万円未満の者 (基準額×1.70) 122,400円
第10段階 本人が市民税課税で、本人の合計所得金額が400万円以上500万円未満の者 (基準額×1.80) 129,600円
第11段階 本人が市民税課税で、本人の合計所得金額が500万円以上の者 (基準額×1.90) 136,800円

 

合計所得金額とは、収入金額から必要経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります)を控除した額のことで、扶養控除や医療費控除等の所得控除をする前の金額です。
平成30年度からは、合計所得金額から「長期譲渡所得及び短期譲渡所得に係る特別控除」を控除し、また「公的年金等に係る雑所得」を控除(1~5段階のみ)した金額となります。

令和3年度介護保険料(年額)(ワード:61KB)

 

 

お問い合わせ先

保健福祉部長寿介護課長寿総務担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館

電話番号:055-261-1903 ファクス番号:055-262-1318

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?