ホーム > 観光・産業 > 産業振興 > 笛吹市企業立地奨励金について

ページID:6634

更新日:2020年9月2日

ここから本文です。

笛吹市企業立地奨励金について

笛吹市内に事業所等を新設する事業者に対して、奨励金を交付します。詳しい要件等は、次のとおりです。

対象業種

製造業

統計法(平成19年法律第53号)第2条第9項に規定する統計基準である日本標準産業分類に規定する大分類Eに分類されている事業

電気・ガス・熱供給・水道業

日本標準産業分類に規定する大分類Fに分類されている事業

情報通信業

日本標準産業分類に規定する大分類Gに分類されている事業

運輸業・郵便業

日本標準産業分類に規定する大分類Hに分類されている事業

卸売業・小売業

日本標準産業分類に規定する大分類Iに分類されている事業

農業

日本標準産業分類に規定する大分類Aの中分類01農業に分類されている事業

学術・開発研究機関

日本標準産業分類に規定する大分類Lの小分類710管理、補助的経済活動を行う事業所及び711自然科学研究所に分類されている事業

適用要件

次の全ての要件に該当する事業所等について適用します。

事業所等の敷地の面積

2,000平方メートルを超える面積

事業所等又は事業所等に附属する建物の延べ床面積

500平方メートルを超える面積

投下資産

3,000万円以上であること

雇用者

20人以上あり、このうち10人以上が笛吹市民であること

市税

納期が到来している市税を全て完納していること

奨励金額

企業立地奨励金

500万円を上限とし、投下固定資産のうち、地方税法第341条第3号に規定する固定資産税の取得価格に100分の10を乗じた額、又は、同条第4号に規定する固定資産税の取得価格に100分の10を乗じた額のいずれか高い額

雇用奨励金

1指定事業者に対して200万円を上限とし、事業所等の創業開始前3月から創業開始後3月まで市民である常用雇用を10人以上雇用し、かつ、12月以上継続して雇用した指定事業所に対し、市民である常用雇用者の数に10万円を乗じて得た額

支援を受けるためには

必要書類等を準備する前に、事前に観光商工課商工労働担当にご相談ください。
対象になる場合は、申請書等の指定様式をお渡しいたします。

必要書類

支援措置の対象企業として指定を受ける場合、創業開始日30日前までに次の書類を提出してください。提出部数は各1部ずつです。

  • 企業等立地奨励企業指定申請書(市指定様式)
  • 会社の概要を示す書類(パンフレット等)
  • 土地取得に関する全ての契約書の写し
  • 土地取得に関する支払い状況を示す書類
  • 土地の概要を示す書類
  • 事業認定に係る事業のスケジュールを示す書類
  • 投下固定資産の配置が分かる図面
  • 投下固定資産一覧表
  • 定款又は商業登記簿謄本
  • 決算書(最新決算年度のもの)
  • 常用雇用者の雇用計画書
  • 市税の完納証明書

提出後、内容を確認し、支援措置の対象企業として指定する時は、企業等立地奨励企業指定書を交付いたします。

指定後の手続き

創業開始の日もしくは1年を経過した日に次の書類を提出してください。

  • 企業立地奨励金交付申請書(市指定様式)
  • 企業等立地奨励企業指定通知書の写し
  • 常用雇用従業員名簿(市指定様式)、雇用保険被保険者資格取得等確認通知書の写し及び住民票の写し

お問い合わせ先

産業観光部観光商工課商工労働担当

〒406-8510 笛吹市石和町市部777 笛吹市役所 本館

電話番号:055-262-4111 ファクス番号:055-262-4115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?