ホーム > くらし・手続き > 年金 > 国民年金 > 国民年金保険料学生納付特例制度

ページID:5250

更新日:2021年10月5日

ここから本文です。

国民年金保険料学生納付特例制度

国民年金保険料学生納付特例制度は、学生であるため収入が少なく、国民年金保険料を納付できない場合、申請で保険料納付が猶予となる制度です。
保険料の納付期限から2年を経過していない期間(申請時点から2年1カ月前までの期間)について、さかのぼり学生納付特例申請ができます。

対象

大学(大学院)、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校および各種学校などに在学している20歳以上の学生で、本人の前年所得が一定額以下の場合に受けられます。
ただし、各種学校の中には、制度の対象にならない学校もあります。

対象となる所得

本人所得128万円以下。ただし、扶養親族等がいる場合は、扶養親族の数×38万円が所得制限額に加算されます。

手続きに必要なもの

  1. 基礎年金番号のわかるもの(年金手帳、納付書など)
  2. 学生証のコピーまたは在学証明書(令和3年度有効のもの)
  3. 会社等を退職した方が学生になった場合は、次のいずれかの添付が必要です。
    • 雇用保険受給資格者証の写し
    • 雇用保険被保険者離職票の写し
    • 雇用保険被保険者資格喪失確認通知書の写し
    • 雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書の写し
  4. 本人確認ができるもの(個人番号カードなど)

学生納付特例の承認期間

4月または国民年金加入月から翌年3月までです。
ただし1月から3月に20歳になる方は、その年の3月までとなります。

申請手続きは毎年必要です。忘れずに!

学生納付特例を承認された方で、翌年度も同じ学校に在学する方には、日本年金機構から「学生納付特例申請書」というはがきが郵送されます。必要事項を記入し返送することにより、学生納付特例の申請手続きができます。
ただし、在学する学校などを変更された方や学生証の有効期限が1年更新の方は、市役所国民年金窓口またはお近くの年金事務所での申請手続きが必要となります。また、未申告の方は、必ず税申告を行って下さい。未申告の場合、申請が認められないこともあります。

届書のダウンロード

国民年金保険料 学生納付特例申請書(PDF:1,407KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

市民環境部国民健康保険課高齢者医療・年金担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館

電話番号:055-261-2043 ファクス番号:055-262-7646

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?