ホーム > くらし・手続き > 市税 > 軽自動車税 > 軽自動車税の減免申請について

ページID:5185

更新日:2021年7月6日

ここから本文です。

軽自動車税の減免申請について

障がいを持っている方は、その障がいの程度により、軽自動車税の減免措置が受けられます。

減免の申請期限については、軽自動車税の納期限5月31日(5月31日が土日祝の場合は翌平日)までの申請となります。

減免対象一覧表

  • 軽自動車税は4月1日現在の車の所有者に課税されます。
  • 普通自動車税の減免、障がい者タクシー券などと合わせて申請することはできません。
  • 軽自動車等の所有者及び使用者が、障がい者本人でない場合でも、条件に該当すれば減免を受けられます。
  • 軽自動車等の所有者及び使用者が、住居及び生計を一にする者でも一定の条件を満たす場合は減免を受けられます。
  • 18歳未満の申請者または療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳・戦傷病者手帳所有者も該当になる場合があります。詳細はお問い合わせください。
障がいの程度 1級 2級 3級 4級 5級 6級
視覚障がい    
聴覚障がい        
平衡機能障がい          
音声機能障がい(注1)          
上肢不自由        
下肢不自由
体幹不自由    
心臓機能障がい        
腎臓機能障がい        
呼吸器機能障がい        
ぼうこうまたは直腸の機能障がい        
小腸の機能障がい        
ヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能障がい      
肝臓機能障がい      
  • 注1:喉頭摘出による音声機能障がいがある場合に限ります。
  • ◎印は、本人運転のみ該当します。
  • ○印は、身体障がい者等又は身体障がい者等と住居及び生計を一にするものが所有する軽自動車等で、専ら身体障がい者等のためにその身体障がい者等と住居及び生計を一にする者、もしくは身体障がい者等を常時介護するものが運転する場合に該当します。

手続きに必要なもの

新規に減免を受ける方

  • 障がい者本人のマイナンバーカード又は通知カード
  • 障がい者手帳
  • 印鑑
  • 自動車検査証
  • 運転免許証(運転をする方の免許証)

 

(障がい者本人が窓口に来られない場合)

上記書類に加え、委任状と代理人の身分証明証(顔写真付きのもの。なければ保険証・マイナンバー通知カードなど2点)

 

昨年度減免を受けていて、減免内容に変更のある方

手帳変更の場合

  • 減免申請報告書
  • 障がい者本人のマイナンバーカード又は通知カード
  • 障がい者手帳
  • 印鑑
  • 自動車検査証
  • 運転免許証(運転をする方の免許証)

 

(障がい者本人が窓口に来られない場合)

上記書類に加え、委任状と代理人の身分証明証(顔写真付きのもの。なければ保険証・マイナンバー通知カードなど2点)

 

車両変更の場合

  • 減免申請報告書
  • 障がい者本人のマイナンバーカード又は通知カード
  • 障がい者手帳
  • 印鑑
  • 自動車検査証
  • 運転免許証(運転をする方の免許証)

 

(障がい者本人が窓口に来られない場合)

上記書類に加え、委任状と代理人の身分証明証(顔写真付きのもの。なければ保険証・マイナンバー通知カードなど2点)

 

免許証更新や変更の場合

  • 減免申請報告書
  • 障がい者本人のマイナンバーカード又は通知カード
  • 障がい者手帳
  • 印鑑
  • 自動車検査証
  • 運転免許証(運転をする方の免許証)

 

(障がい者本人が窓口に来られない場合)

上記書類に加え、委任状と代理人の身分証明証(顔写真付きのもの。なければ保険証・マイナンバー通知カードなど2点)

 

家族運転の場合は、窓口で軽自動車に係る生計同一・常時介護申告書の記入も行っていただきます。

なお、昨年度減免を受けていて申請内容の変更がない方についても、減免を継続するしないについての可否を送付した通知に記入し、必ず期限までに提出してください。

お問い合わせ先

総務部税務課市民税担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館

電話番号:055-261-2025 ファクス番号:055-262-7646

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?