ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊産婦・乳児一般健康診査・新生児聴覚検査

ページID:514

更新日:2021年4月7日

ここから本文です。

妊産婦・乳児一般健康診査・新生児聴覚検査

妊婦一般健康診査

妊婦さんの健康状態や胎児の成長を確認するため、定期的に妊婦健康診査を受けることが必要です。市では、すべての妊婦さんに健やかな出産を迎えていただくために、妊娠中の健康診査の費用を一部助成しています。母子健康手帳と一緒に交付する、「妊婦一般健康診査受診票」を使って受診してください。

妊婦健康診査は一般的に次のような間隔で受診することが望ましいとされています。

  • 妊娠初期~妊娠23週(第6月末まで)4週間に1回
  • 妊娠24週~35週(第7月~第9月末)2週間に1回
  • 妊娠36週(第10月)以降分娩まで1週間に1回

適切な健診間隔はその方によって異なります。医師の指示に従い、きちんと受診しましょう。

対象者

笛吹市に住民票を有する妊婦の方
※笛吹市から転出した場合は、笛吹市発行のものは、使用できません。

助成内容

  • 妊婦一般健康診査受診票:基本健診14回分(助成限度額 6,000円)
  • 妊婦一般健康診査受診票:追加検査6回分(助成限度額 内容に応じて)

受診票は妊娠週数にかかわらず、1回目の受診票から回数の早い順にお使いください。

産婦健康診査

出産後の健康の保持増進を図るため、産後2週間、1カ月に各1回医療機関で受診する健康診査の費用を助成しています。母子健康手帳と一緒に交付する、「産婦健康診査受診票」を使って委託医療機関で受診してください。

対象者

産婦健康診査を受診された方

助成内容

1回の出産につき2回 5,000円を上限にかかった費用分

新生児聴覚検査

新生児聴覚検査は、新生児の先天性難聴を早期に発見する検査です。新生児期に1回、医療機関(委託医療機関)で受ける費用の一部を助成します(助成上限額 3,000円)。

乳児一般健康診査

乳児期に2回、医療機関で受診する健康診査の費用を助成しています。母子健康手帳と一緒に交付する、「乳児一般健康診査受診票」を使って委託医療機関で受診してください。

乳児一般健康診査受診票

  • 1回目(ピンク色):生後1か月頃使用
  • 2回目(ピンク色):生後7か月頃使用

1歳の誕生日の前日まで使用できます。それを過ぎると使用できません。

笛吹市から転出した場合は、笛吹市発行のものは、使用できません。

里帰り出産等で県外医療機関・助産所で妊産婦・乳児一般健康診査を受診された方は、申請すると費用の一部が助成されます。
詳しくはお問い合わせください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

保健福祉部健康づくり課母子保健担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館

電話番号:055-261-1901 ファクス番号:055-262-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?