ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > "資源物"としての衣類・布類の収集停止について

ページID:6532

更新日:2020年6月24日

ここから本文です。

"資源物"としての衣類・布類の収集停止について

新型コロナウイルスの影響のため、「資源物の日」の衣類・布類の収集を、5月から当面の間停止しています。

「資源物の日」に収集された衣類と布類(布類については綿100%のもに限る)は、東南アジアやアフリカに輸出され、古着としてリサイクルしていました。
しかし、新型コロナウイルスの影響により、港湾の制限が生じたり、経済活動そのものが機能停止となっているため、衣類・布類の行き場がなく、保管業者に貯留し切れない状況となっています。

つきましては、状況が回復し、通常通りの収集を再開できるまで、「家庭での一時保管」などにご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

なお、汚れた衣類、会社名・学校名・個人名が入った衣類、綿100%以外の布類はリサイクルできないため、「粗大ごみの日」に収集して焼却処分をしていますが、「粗大ごみの日」の収集は通常通り行います。

お問い合わせ先

市民環境部環境推進課ごみ減量担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館

電話番号:055-261-2044 ファクス番号:055-262-7646

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?