ホーム > くらし・手続き > 国民健康保険 > 医療保険の正しい適用のため必ず所得の申告を

ページID:365

更新日:2018年12月19日

ここから本文です。

医療保険の正しい適用のため必ず所得の申告を

国民健康保険・後期高齢者医療保険などでは、所得額により保険税(料)が軽減適用されたり、入院の際、病院での窓口負担額が少なくなるといった制度がありますが、これらは、医療保険加入者だけでなく、世帯主や他の世帯員の所得でも判定します。

本来なら制度が適用されるはずが、所得が不明なため適用から外れてしまうといったことがないよう、税法上の扶養になっている方以外については、収入の有無にかかわらず、確定申告などで所得の申告をしてください。

※なお、国民年金の免除申請をされる場合も所得申告は必要です。

問合せ先

市民環境部 国民健康保険課 国保総務担当
電話 055(262)4111
または各支所

お問い合わせ先

市民環境部国民健康保険課国保総務担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館

電話番号:055-261-2043 ファクス番号:055-262-7646

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?