ホーム > くらし・手続き > 国民健康保険 > 高額療養費

ページID:361

更新日:2018年12月19日

ここから本文です。

高額療養費

高額療養費とは

医療機関に支払った1カ月の一部負担金が、自己負担限度額を超えた場合、超えた分が高額療養費として、払い戻されます。

申請方法

対象者には、診療月の3カ月後くらいに申請書をお送りします(審査の関係上遅れる場合があります)。申請には、領収書が必要となりますので必ず保管しておいてください。申請書が届きましたら、届いた申請書と対象となった領収書と印かんをお持ちになり、国民健康保険の窓口(本庁・支所)で申請をお願いします。

自己負担額の計算

  • 暦月ごとの試算(月の1日から末日まで)
  • 同じ医療機関ごとの計算
  • 同じ医療機関でも医科と歯科は別計算
  • 同じ医療機関でも入院と外来は別計算
  • 入院した時の食事代等や差額ベッド代は対象外

70歳未満の人の場合

同じ人が同じ月内に、同じ医療機関の同一診療科に支払った自己負担額が限度額を超えた場合、その超えた金額が高額療養費の対象額となります。同じ世帯内で同じ月内に21,000円以上の医療費自己負担を支払った場合は、それらを合算して計算することができます。

自己負担限度額は、世帯の所得の状況によって5つの区分に分かれます。

※世帯の所得区分の判定方法・自己負担額につきましてはこちらでご確認ください。

70歳以上の人の場合

まず、個人単位で「外来」の限度額を適用し、その後世帯単位で「入院+外来」の限度額を適用し、限度額を超えた金額が高額療養費の対象額となります。
入院したときの自己負担額が限度額を超えたときは、窓口での支払いは区分が『一般』もしくは『一定以上所得者』の限度額までの支払となります。

※所得区分が低所得Ⅰ・Ⅱの方は、申請することにより「限度額適用・標準負担額減額
認定証」が交付されます。認定証を医療機関の窓口で提示することにより、支払いがそれぞれの所得区分の限度額までとなります。

※所得区分の判定方法・自己負担限度額につきましてはこちらでご確認ください。

※高額療養費には、貸付の制度もあります。貸付の制度につきましてはお問い合わせください。

限度額適用認定証

限度額適用認定証とは、入院または高額な外来診療を受けたときに医療機関の窓口で保険証と一緒に提示することにより、窓口での医療費の支払いが限度額までとなる認定証のことです。認定証の交付には申請が必要です。

この制度は、年齢と所得の状況によって所得区分が決まり、限度額も異なります。70歳以上の方で所得区分が『一般』・『現役並み所得者』の方は高齢受給者証の提示により限度額の適用となります。

※所得区分の判定方法と上限額につきましては、こちらでご確認ください

申請方法

申請を希望する方は保険証と印かんを持参の上、国民健康保険の窓口(本庁・支所)で手続きをお願いします。

※遡っての申請はできません。申請した月の1日からの該当となります。
※国民健康保険税に未納があると交付できない場合があります。納め忘れがないようご注意ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

市民環境部国民健康保険課国保総務担当

〒406-0031 笛吹市石和町市部809-1 笛吹市役所 市民窓口館

電話番号:055-261-2043 ファクス番号:055-262-7646

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?