ホーム > 観光・産業 > 農林業 > 森林環境譲与税の使途について

ページID:6721

更新日:2020年10月19日

ここから本文です。

森林環境譲与税の使途について

 

森林を整備することは、地球温暖化防止対策の他、国土保全や水源の涵養、生物多様性、地方創生や快適な生活環境の創出に寄与することになります。

このため、森林環境譲与税の原資となる森林環境税は、災害防止や地球温暖化防止等の公益的機能を有する森林を国民全体で支えるため、平成31年4月より運用開始となり、森林経営管理法に基づく新たな森林管理制度の施行と併せて令和元年度より譲与されています。

譲与が開始された森林環境譲与税は、法令で使途が定められており、市町村は森林整備や担い手対策、木材利用の促進や普及啓発等に関する費用に充てることができます。また、市町村及び都道府県は、森林環境譲与税の使途等を公表することとされています。

 

関連資料

森林環境譲与税の使途公表(PDF:347KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

産業観光部農林振興課農林経営担当

〒406-8510 笛吹市石和町市部777 笛吹市役所 本館

電話番号:055-261-2033 ファクス番号:055-262-4115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?