ホーム > 防災・救急 > 消防・救急 > 火災予防 > 避難の際には通電火災にご注意ください

ページID:6647

更新日:2020年9月7日

ここから本文です。

避難の際には通電火災にご注意ください

水害や地震などにより停電が発生した場合は、次のことに注意して避難してください。
水害の恐れがある場合には、避難する直前ではなく、「避難した方が良いかな?」と思った時にご確認ください。

注意すること

  1. 停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜いてください。
  2. 避難のため自宅等を離れる際は、ブレーカーを落としてください。
  3. 避難後、再通電時(ブレーカーを上げる時)には、漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使用してください。
  4. 建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間が経過した後、火災に至る場合があります。煙の発生等の異常を発見した際は、直ちにブレーカーを落として、消防機関にご連絡ください。

お問い合わせ先

消防本部予防課 

〒406-0027 笛吹市石和町下平井204

電話番号:055-261-0119(代) ファクス番号:055-262-8535

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?