メインコンテンツへ

笛吹市

「桃・ぶどう日本一と温泉の郷」笛吹市

外観・文字の大きさを変更
外観を白黒にする
文字を縮小size3文字を拡大

メインメニュー

印刷用画面

Contents

手続き一覧

子育て・児童福祉子育て・児童福祉

ひとり親家庭支援制度

ひとり親家庭医療費助成制度

ひとり親家庭医療費助成制度は、保健医療にかかる医療費の保険適用内の自己負担分を助成することにより、ひとり親家庭における生活の安定と健康の増進を図ることを目的とした制度です。

<助成対象>
ひとり親家庭の親と子
・ひとり親である父、母、養育者
・満18歳に達した日の属する年度末までの児童 
(*ただし、所得要件があります。)

<申込方法>
「ひとり親家庭等医療費受給者証交付申請書」と、保険証を窓口に提出してください。
その他次にあてはまるものを提出してください。
・父母のいない児童の場合→申請者(児童を扶養している人)の「養育事実申立書」
・申請する年の1月2日以降に笛吹市に転入した場合→前住地の所得課税証明

<助成内容>
審査の結果、認定された方には「ひとり親家庭医療費受給資格者証」をお送りします。山梨県内の医療機関窓口で「健康保険証」と「受給資格者証」を必ず提示してください。保健診療分は窓口無料となります。

○窓口無料とならなかった場合の医療費の請求(県外で受診、お子さんの入院時食事療養費(15歳到達後最初の3月31日まで)、窓口無料非該当の健康保険に加入の方)
診療等を受けた翌月に保険点数等の記載がある領収書と一緒に「ひとり親家庭等医療費助成金請求書」を提出してください。(必ず医療機関ごとに1ヶ月単位で請求してください。)受付けた翌月以降にご指定の口座へお振込みとなります。
詳しくは、こちらをご覧ください。

<その他> 
診療月から2年を経過すると請求できなくなりますので、ご注意ください。
住所、氏名、保険区分等が変更になりましたら、手続きをお願いします。

問い合わせ先

保健福祉部 子育て支援課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1904(子育て支援担当)
TEL:055-261-3355(保育担当)
FAX:055-261-3330

ひとり親家庭相談

 母子自立支援員が、ひとり親家庭を対象に、就労、生活全般、養育についての相談支援を行っています。

問い合わせ先

保健福祉部 子育て支援課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1904(子育て支援担当)
TEL:055-261-3355(保育担当)
FAX:055-261-3330

母子家庭自立支援給付金

○高等技能訓練促進費等給付金
 2年以上看護師などの資格を取るため、養成機関において修学したときの生活費等を給付します。
○自立支援教育訓練給付金
 知識・技能を習得するために雇用保険制度における教育訓練給付指定講座等を受ける場合に受講料の一部を補助します。

問い合わせ先

保健福祉部 子育て支援課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1904(子育て支援担当)
TEL:055-261-3355(保育担当)
FAX:055-261-3330

ひとり親家庭小・中学校入進学祝金

 小・中学校へ入学する児童がいるひとり親家庭に、経済的負担の軽減を通して児童の健全育成のための祝金が、児童1人につき1万円を支給されます。

問い合わせ先

保健福祉部 子育て支援課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1904(子育て支援担当)
TEL:055-261-3355(保育担当)
FAX:055-261-3330

寡婦(夫)控除のみなし適用

制度の概要
 ひとり親家庭のうち、死別、離婚によるひとり親家庭は、市・県民税及び所得税の寡婦(夫)控除等の対象となる一方で、未婚のひとり親家庭については、寡婦(夫)の控除等の対象外となっており、同じ所得額等であっても税額に差が生じ、市県民税を算定基準とする利用料や負担金についても差が生じる場合があります。
 このような状況を解消するため、税法上の寡婦(夫)控除の対象とならない未婚のひとり親家庭に対し、寡婦(夫)に該当するものとみなし、寡婦(夫)控除を「みなし適用」することで、経済的負担の軽減を図ります。

対象となる方
 本市に住所を有し、次の条件をすべて満たしている方
(1)利用料等の算定基準となる年度の前年の12月31日(以下「基準日」という)および申請日時点において、婚姻歴のない母または父
(2)基準日において生計を一にする20歳未満の子(総所得金額が38万円以下で他の扶養親族となっていない場合に限る)がいること。
(3)事実上婚姻関係(内縁関係等)にないこと。

対象事業
(1)特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担額(保育料)
(2)学童保育保護者負担金

所得控除額等

申請方法 
(1)申請窓口
 子育て支援課(保健福祉館1階)
(2)提出書類 
 1 寡婦(夫)控除のみなし適用申請書
 2 申請者および子の戸籍全部事項証明書(3ヶ月以内に発行されたもの)
  または有効期限内の児童扶養手当証書の写し

注意事項
 寡婦(夫)控除のみなし適用をおこなっても、負担額等に影響がない場合があります。

問い合わせ先

保健福祉部 子育て支援課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1904(子育て支援担当)
TEL:055-261-3355(保育担当)
FAX:055-261-3330

母子寡婦福祉資金

 母子家庭の生活の安定を図るための貸付制度です。
※給付や助成を受ける際には、一定の要件、および審査があります。詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ先

保健福祉部 子育て支援課
〒406-0031 笛吹市石和町市部800 笛吹市役所 保健福祉館(石和保健福祉センター)
TEL:055-261-1904(子育て支援担当)
TEL:055-261-3355(保育担当)
FAX:055-261-3330